ハイキューネタバレ247話『2日目』2回戦は全国2位の稲荷崎高校!

この記事は3分で読めます

春高2戦目の相手はIH準優勝チーム!?

 

「第247話 2日目」

 

~前回のあらすじ~

春の高校バレーが始まり初戦の相手椿原学園に勝利する烏野、

次の試合が迫るなか田中に少し早い春が訪れる、

しかしその春は田中のカン違いで終わってしまう。

そして2日目の相手はIH準優勝チーム兵庫県代表稲荷崎高校、

かけす荘では烏野メンバーと烏養監督がミーティングを念入りに行っていた。


~春高前の秋 烏養家~

10月末 宮城代表決定戦後

烏養がジジイ(一繋)と楽しくビールを飲んでいる。

烏養「『ゴミ捨て場の決戦』俺が見してやるぜ!わはは!」

一繋「ゴミ捨て場の決戦なあ」

烏養「?」

一繋「――オレは他人に教える真似事を始めてからしばらく、

選手に『俺と同じ事』あるいは『俺がやろうと思ってできなかった事』、

をさせようとした、

でもある時奴らはどう考えているのか気になった、

奴らはオレじゃねえしオレの駒でもねえ、

…その当たり前の事に気づいて その日から教える事が、

真似事じゃあなくなったんだ」

烏養「……」

一繋「これがまあ難しいのなんのなあ…、

おめえはその点デキが良い」

烏養「!」

一繋「バレー自体のデキが悪いだけある」

烏養「あ”あ!?」

一繋「わはは」

 

烏養「『ゴミ捨て場の決戦』がじじぃ孝行のためだと思ってんのかよ?、

今一番音駒の連中を倒したいと思ってんのはウチの野郎共だぞ?、

負けまくってるからな もう 『昔の』因縁の相手じゃなくなってるんだよ」

一繋「!…」

烏養「だから『ただ』楽しみに待ってろよっ」

 

~現在 かけす荘 外庭~

烏養が電話で話ている。

 

烏養「―じゃあ取りあえずは大丈夫なんだな」

電話口『うん でも調子はあんまり良くないから、

じいちゃんがそっちに行くのはやっぱり無理かもねえ」

烏養「―うん」

電話口「でも本当に心配は無いから」

烏養「…ハイ ―じゃあ」

 

烏養はトーナメント表を見つめる。

 

烏養(お互い2日目を勝ち抜けば、

3回戦で対音駒 『勝ち抜けば』)

 

~かけす荘 部屋~

烏野メンバーが集まる中、

ミーティングが始まる。

 

烏養「よし じゃあ明日の話だ、

もうな 今更現実は変わんねえから言うけど、

相手はIH準優勝チーム 兵庫県代表の稲荷崎高校、

まあ あのアレだ 優勝候補ってやつだ、

まずポイントゲッターは4番の尾白アラン、

それとミドルブロッカー10番 角名(すな)倫太郎、

稲荷崎の主砲はこの2人 でやはり厄介なのは、

主砲2人を含め全スパイカーを絶妙に使い分ける、

セッター宮侑(みや あつむ)、

宮が厄介なのはセットアップだけじゃなくてな」

影山「サーブ」

烏養「コクリ」

影山「宮さんは少し前からスパイクサーブとジャンプフローターの二刀流です」

西谷「どっちで来るかギリギリまでわかんないって事か」

田中「レシーブの陣形が組みづらいっスね…」

烏養「で 今回はローテーションのコンセプトを変えようと思う」

 

皆が話合う中、

仁花は一人たじろぐ。


仁花(さっき勝ったばかりなのにもう皆さん顔が恐い…、

第2シード…この沢山のチームの中で、

2番目に強いチームと戦わなきゃいけないんだ…)

 

日向「全国の1番と2番 両方とも戦れるって事かぁ…!!」

月島「…」

烏養「!」

大地・旭「!?」

田中・西谷「笑」

菅原「ハァ~!慣れない!慣れないわ~!、

お前のその変な自信!」

 

烏養(『じじい孝行じゃない』 うそだよ、

見せたくて 何が悪い 待ってろじじい)

 

~東京体育館 外~

1月6日(大会2日目)

AM7:20

烏野メンバーは走ってアップをしていた。

 

~東京体育館 コート~

烏野メンバーがアップをする中、

稲荷崎高校コーチが声をかけてくる。

 

大見コーチ「次スパイクで良いですよねっ?」

武田先生「エ”ッ え~っと」

 

烏養が走り寄る。

 

烏養「サーブ多めでお願いしたいです!!」

 

影山と日向が凝視している。

影山「ジ――…」

日向目をこすりながら「うお…! おおっ…!!」

日向「『ミヤアツム』が 2人…!!!」

侑「東京勢にデカい顔させんのは もう終いやで」

治「……」


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

『ゴミ捨て場の決戦』結末予想

ハイキュー!!の好きなキャラランキング!

投票をお願いします!