ハイキューネタバレ244話『弱点その6』梟谷1回戦突破!

この記事は3分で読めます

影山曰く『小さな巨人』現る!?

 

「第244話 弱点その6」

 

~前回のあらすじ~

春の高校バレーが始まり猛者達がここ東京体育館へと集まる。

初戦の相手は椿原学園一進一退の攻防が続く中、

影山の空間認識調整やバテ島など、

ハプニングもあったが無事初戦突破を果たす。

次の試合が始まるまでの自由時間に、

日向は木兎が着ているTシャツを買いに売り場へと向かう。

そしてその木兎は初戦で早くもしょぼくれモードになってしまっていた。

スポンサーリンク

~東京体育館~

大地「飯食ったら少し時間あるから、

買い物とかしてきても良いぞ」

日向「!!」

 

日向は売り場へと急ぐ。

 

山口「日向待って俺も行く!」

 

~売り場~

日向が大きな声を出す。

日向「アレの『S』ください!!」

山口「俺も練習用Tシャツ買おうかな」

 

日向が指さす方向には木兎が着ていたYシャツが置いてあった。

 

~栄和VS梟谷~

 

栄和10-7梟谷

 

栄和応援席「なんかイイカンジじゃねえか!?」

「木兎って奴大した事ねえぞ!?」

 

赤葦(今日はまだブロックに掴まってないし、

別段調子が悪い事も無い筈原因は何だ)

小見「おいどうしたテンション上げろよー!」

木兎「…俺も」

小見「?」

木兎「俺もメインアリーナが良かった…!、

メインアリーナの方が…『でっかい』…!!」

梟谷メンバー「…!!」

赤葦(木兎さんの弱点その6『目立ちたがり』)

木兎「向こうの方がデカくて人も多いんだぞ不公平だ…!」

猿杙・木葉(油断していた…、

さっき軽くBコートの音駒の試合を覗いたのがマズかったか…!)

 

監督から怒られる木兎。

 

木葉「まあいいや そのうちノってくるだろよくあることだ」

小見「木兎が常時好調なんてほぼねえしな」

赤葦「先輩頼もしいです」

木葉「もっと言って!」

梟谷3年「木兎しょぼくれモード早いな~、

あれで大マジメだもんなー」

梟谷2年「…でも逆に…緊張とかプレッシャーで普段の力を発揮できない…、

なんて事は木兎さんには理解できない事かもしんないっスよね~」

鷲尾「…まあ…大丈夫だ おれたちの方が強いから」

 

タイムアウト終了

 

猿杙のアタック、

鷲尾のブロックが次々と決まる。

 

栄和15-14梟谷

 

解説者『梟谷学園じわじわと追い上げます、

絶対的エース木兎光太郎の打数はそれほど多くないんですけどね』

『木兎くんを一番に警戒していた栄和高校は、

ちょっと困惑ぎみかもしれませんね』

 

赤葦のレシーブ、

赤葦「! 木葉さん!」

木葉「ッシャ!」

栄和選手(ツーアタック!!)

『フワ』

木葉「さる!」

木葉のアタックフェイントからのトス、

『ダパァン』

猿杙のスパイクが決まる。

木葉・猿杙「ハァーイ!!!」

木兎「ソワァァ…」

 

赤葦(木兎さんがそわそわし始めた そろそろだ)

スポンサーリンク

栄和15-15梟谷

栄和高校1回目のタイムアウト

 

赤葦「木兎さん ここは言わば『センターコート』ですよ」

木兎「!」

猿杙・木葉「!?」

赤葦「メインアリーナは確かに大きく人も多い、

でもその中のせいぜい四分の一しか木兎さんを見ていません、

でもここ(サブアリーナ)で戦っているのはオレ達だけ、

『全員が』あなたを見ていますよ」

木兎「…!!」

猿杙・木葉(いや結局見てる人数は変わんねー)

赤葦(もうひと押し…!)

「それに 『弟子』も見に来てますよ!」

木兎「?」

 

日向「あっこっち見た 木兎さーん!」

 

赤葦(正直木兎さんの生態は未だよくわからない、

傍目には滑稽に映ることも木兎さんには重要な事なのだ)

 

タイムアウト終了

 

小見のギリギリレシーブ、

小見「スマン!カバー!」

赤葦が上げる、

赤葦「木兎さん!!」

『フワ』

栄和選手「レフトレフトォ!!ブロック3枚!!」

 

『ズドッ』

 

解説者『!!!』

 

木兎のスパイクはライン上に落ちた。

 

赤葦(サブアリーナだからこそ、

観客はより近く声ははっきりと届く!)

木兎「ヘイヘイヘーイ!!!」

山口「キワキワラインショット…!!」

 

栄和応援席「……!」

 

栄和メンバー「サッコォォイ!!!」

 

打って打たれての攻防が続くが、

木兎の勢いが止まらない。

 

『ガンッ』

 

木兎のスパイクが決まる。

 

試合終了

栄和21-25梟谷

 

セットカウント

栄和0-2梟谷

勝者:梟谷学園

梟谷学園 2回戦進出

 

~東京体育館 売り場付近~

山口と日向が話ながら歩いて行く。

 

山口「梟谷やっぱ強いなー」

日向「な!!!」

星海「あれの『S』ください!!」

星海と日向が対峙する。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

『ゴミ捨て場の決戦』結末予想

ハイキュー!!の好きなキャラランキング!

投票をお願いします!