ハイキューネタバレ243話『それぞれの初戦』音駒1回戦突破!

この記事は3分で読めます

烏野!春高初戦勝利!!

 

「第243話 それぞれの初戦」

 

~前回のあらすじ~

春の高校バレーが始まり猛者達がここ東京体育館へと集まる。

初戦の相手は椿原学園一進一退の攻防が続く中、

影山の空間認識調整やバテ島など、

ハプニングもあったが無事初戦突破を果たす。


~池尻家リビング~

春高初戦 勝者:烏野高校

 

池尻「っ シャアアアッ!」

池尻母「何!?何事!?」

池尻「!―なんでもない」

 

~伊達工業コンピュータ室~

二口「……ケッ 午後練行グゾァ!」

伊達工メンバー「オオッ」

 

セットカウント

烏野2-0椿原

勝者:烏野高校

 

烏野メンバー「ありがとうございました!!」

 

両者互いに握手をし、

コートを出る。

 

カップル観客女「次どーする?」

男「Eコートの梟谷見たい」

 

椿原メンバーが応援席に一礼。

 

椿原メンバー「ありがとうございました!」

椿原応援「おつかれ!」

椿原OB3年「パチパチパチ」

椿原3年メンバーは今年しっかりと悔し涙を流した、

そして2年メンバーは泣かずにその場去った。

 

大佐渡監督「―さて まず飯を食おう」

 

椿原学園 春の高校バレー全国大会 1回戦敗退

 

 

大地「整列!!  !」

田代「ナイスゲームッ!!」

大地「田代さんと黒川くんが来てる!」

菅原「大地気づいてなかったのかよ」

旭「俺も途中まで気づかなかった」

大地(やべえ 全然気づかなかった)

 

烏野メンバーが応援席に「ありがとうございました!!」

 

大地(自覚している以上に ずっと緊張してた)

「フ~~~… ッシ」

 

烏野高校 2回戦進出

 

~東京体育館ロビー~

田代が笑いながら話かける。

 

田代「やべぇ 澤村近くで見るとなんかでけぇ」

大地「エ”ッ横にスか!?」

田代「いやなんか全体的にさ」

烏野2年メンバー「黒川さんチワーース!!」

 

山口「OBの人っぽいな」

日向「おお…!先輩の先輩…!」

影山「チワース」

月島「ペコ」

田代「うおっ…アレ本当に1年かよ…」

菅原「残念ながら」

大地「弁当ある筈だから清水に聞いて皆に配ってくれ」

日向・山口「ハイ!」

大地「影山…セッターの方は全日本ユース候補にもなってるスゲェ奴なんス」

田代「!?何で烏野に!?」

菅原「いやまぁ色々残念な理由もあって…」

大地「小さい方は…えーと 何者と言えば良いのか」

菅原「元気小僧」

旭「運動能力オバケ」

黒川「中学では?」

大地「完全に無名っスね、

―そんで時々 得体が知れない奴…ですかね」

菅原「白鳥沢のウシワカにケンカ売ったりな」

田代「マジかよあのウシワカ!?」

 

黒川「『得体が知れない』他校にとって今の烏野がまさにそうだと思う、

次も勝てよ」

大地・菅原・旭「…! ウス…!!」

 

田代「俺が言いたかった…」

黒川「…スンマセン」


~音駒(東京)VS清川(高知)~

『ズドッ』

清川高校の山崎がスパイクを決める。

山崎「シャアアッ!」

 

旭「おお…!

菅原「スゲー!」

大地「…いやまあ凄い奴が居ないチームがそもそもねえよな」

 

清川高の選手がスパイクを次々と打つが、

音駒に何どもレシーブを返されてしまう。

山崎「~~っ!」

 

旭「うう…つらい…しんどい…」

菅原「清川のエースに感情移入し過ぎかよ」

大地「気持ち良いレシーブだ」

 

『ドシィッ』

海「アウト!」

 

日向「! アウト!」

田中「打つトコねえもんな~」

 

黒尾のブロック、

黒尾「ワァンチ!!」

研磨が福永に上げる、

『ドォッ』

福永がライン際にスパイクを打って決まる。

 

試合終了

セットカウント音駒2-0清川

勝者:音駒高校

音駒高校2回戦進出

 

~Eコート(サブアリーナ)~

栄和(大分)VS梟谷(東京)

 

赤葦「木兎さん」

『フワッ』

赤葦のトスが上がる、

『ダパァン』

栄和の選手がしっかりと取る、

そして栄和に点を獲られる。

 

栄和6-4梟谷

 

木兎「ショゲーーーン」

赤葦(エッ はやい)

春高初戦で『しょぼくれモード』発動


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

『ゴミ捨て場の決戦』結末予想

ハイキュー!!の好きなキャラランキング!

投票をお願いします!